床下の換気|苦手なあいつを退治する【ゴキブリを徹底的に駆除】

苦手なあいつを退治する【ゴキブリを徹底的に駆除】

作業員

床下の換気

床

床下の状態

床下の環境は、家の土台の状態を左右するうえで最も重要なものとなっている。床下では、地面からの湿気などが溜まりやすく、それにより水分の多い環境になりやすい。床下の環境が悪く、湿度が溜まりやすい状況が続くと、土台の木を腐らせてしまう原因となってしまう。また、湿気が多い場所にはシロアリが繁殖しやすくなるため、シロアリ対策としても床下の状態をよくすることは必須のこととなっており、対策する人も多い。最近では、床下は木造住宅であってもコンクリートで固められており、外部からの湿気などが入りにくくする対策がおこなわれている。さらに、柱についてもコンクリートで固めらえた上から設置されており、コンクリートと柱の隙間はパッキンで埋められているため、外気が入りにくい状態になっている。

環境を良くする対策

最近の住宅では、床下の密閉性が高く、湿気などが溜まりにくいとされているが、夏場などに外気の暑さと床下の冷たさの温度差から湿気が溜まることも多い。また、従来の住宅では土の上に柱を立て風通しを良くするため通気口を設けていることが多い。しかし、これらの住宅ではより湿度が溜まりやすい。このような床下の状態について、より良いもののするのが床下換気である。床下換気では、床下に空気が循環するように設備を設置するものである。床下換気の設備を設置することで、空気の循環が行われ湿気が溜まりにくい環境とすることができる。床下換気では、家の土台を良い状態に保つためと合わせて、シロアリ対策として行うことも多い。シロアリの繁殖に悩んでいる場合は、床下換気もよい。